もっと個人・組織の「価値が発揮される」企業へ! 理論と実績に基づく研修・コンサルティングで、お客様の経営を支援します。
株式会社フェイスSCA

OJTトレーナー研修

先輩の成長無くして、
後輩の成長ナシ

OJT(On-the-Job Training、オン・ザ・ジョブトレーニング)は、日々の業務を通じて、先輩が後輩を指導する育成方法を指す言葉です。
職場での経験が無い、もしくは浅いトレーニー人材を指導し成長させることも重要な目的ですが、それ以上に大切なのは、トレーナーとしてのミッションを担う先輩トレーナーの成長にあります。

単に後輩を導くだけではお話になりません。企業が目指す姿に相応しい人材の姿をしっかりと理解し、業務に支障が出ない配慮を行い、必要な業務スキルを伝えて後輩を導く…。トレーナーの責務は非常に大きなものになります。
フェイスSCAのOJTトレーニング研修では、一般的な知識に偏ることなく、人間関係の基本である「信頼」に焦点を当てた独自のカリキュラムを構築。トレーナーの成長を叶えることで、トレーニーの成長を実現させます。


トレーナーとしての心構えを持つことができる

「見本になる・信頼される・支援する」-この3つが、トレーニーを成長させるための基準。自分の役割・言動が、今後どのように若手に影響するのかを認識し、心構えを学びます。

価値観に合わせたコミュニケーションをとることができる

若手指導や相談に対応する上で必要不可欠である、「聴くスキル」「教える(話す)スキル」など、基本的な能力が身につきます。

育成計画の立て方がわかる

いくらトレーニーから信頼され、円滑なコミュニケーションをとることが出来ても、的確な目標設定ができなければ本来の運用はできません。目標設定方法を学び、トレーニー育成のゴールを明確にします。

OJTトレーナー研修
OJT Trainer
経営者 幹部 管理職 中堅職 一般職 新卒

トレーナーの役割を全うさせることで、
トレーナー・トレーニー双方の育成を促す

対象となる人材

主任、課長 (OJTトレーナー)
【研修実施に必要な時間】
実施時間:9:00~17:00(1日間~2日間)
※貴社の状況に応じてカスタマイズ可能です

カリキュラム

イントロダクション
・目的共有・概要説明
・トレーナーに選ばれた今の正直な気持ち・心境

OJTトレーナーの役割とは?

・OJT体制の仕組とOJTトレーナーの役割

OJTの仕組で得られるもの
・OJTトレーナー、若手社員、部署・会社が得られるもの

理想のOJTトレーナーとは?
・あなたにとって嫌なOJTトレーナー
・良いOJTトレーナーとは?
・あなたにとっての理想のOJTトレーナーとは?

「見本」になるために
・仕事上の「やりがい」と「目標」を持つ
 「信頼」されるために
・信頼はポイント制
・信頼を築く「3つの法則」
・共通点探しゲーム

「支援」するために
・支援するとは?
・仕事の教え方

OJTトレーナーに必要なコミュニケーションスキル
・5つの聴き方
・「受容+共感+傾聴」の聞き方
・5段階のフィードバック

目標設定・育成計画の留意点
・ありたい姿を描く
・スモールステップを刻む

チェックアウト
・本日の気づきと感想共有
・アクションプラン策定