もっと個人・組織の「価値が発揮される」企業へ! 理論と実績に基づく研修・コンサルティングで、お客様の経営を支援します。
株式会社フェイスSCA

セルフメンタルマネジメント研修

指示出し改革には限界があります

これまで当然のように行われていたマネジメントによる組織改革アプローチ。一見論理的なプロセスに見えますが、ここで見落とされがちなのが、組織の最小単位である「人」という存在。想像してみてください…あれをやれ、これをやれ、と指示を出し続けるだけだと、どうなってしまうのか?指示を待つことが当たり前になった「人」という存在の恐ろしさを知る経営者は、少なくないのではないでしょうか。


組織の発展は自立した個人から


フェイスSCAがお届けするセルフメンタルマネジメント研修は、インサイドアウト アウトサイドインの考え方に基づいて、「人」一人ひとりに、自立した個人への変革の機会を提供。組織を形成する要素である人間関係とチームワークに持続する活性化をもたらすことで、人と組織双方を発展へと誘導。目標達成できる人、チーム、組織への成長を実現させます。

指示待ち族から自立した人材へ

【個人を自立的にする】

他者や環境のせいにせず、自らのイシューとして受け止められるようになります。

【他人を思いやれるようにする】

相手の立場に立って物事を考え、自分よりも相手を優先できるようになります。

【チームワークをよくする】

個人ではなくチームで仕事をする意義、できることに気づきます。

【ストレス耐性が身につく】

刺激と反応を切り分けて考えられるようになり、ストレス耐性が身につきます。

インサイド アウトイン

セルフメンタルマネジメント研修
Self Mental Management
経営者 幹部 管理職 中堅職 一般職 新卒

インサイドアウトインの考えに基づき
自立した個人と人間関係とチームワークをつくり
組織の基盤を作ります

対象となる人材

一般職、主任、課長、部長 経営幹部
【研修実施に必要な時間】
(例)1日8時間×1日間 ※貴社の状況に応じてカスタマイズ可能です

カリキュラム

(1)インサイド・アウト・イン 
   組織づくりは個人から
   自己充足と他者充足
(2)ポジティブファクターと
  ネガティブファクター
   ポジティブとネガティブの優先順位
   ポジティブとネガティブの3要素
   7つのライフバランス
(3)ネガティブファクター1 
  気がかりを無くす            
   気がかりの構造
   気がかりの解決方法
(4)ネガティブファクター2 
心配を無くす          
   心配の構造
   心配の解決方法 ~失敗の本質~
   心配の解決方法 ~批判の本質~
   心配の解決方法 ~心配の本質~

(5)ネガティブファクター3 不平を無くす 
   不平の構造
   不平の解決方法
   不平の解決方法
   貧者はますます貧者になる
(6)ポジティブファクター1 主体性を持つ
   主体性の構造 ~反応の選択~
   刺激→反応の経験リスト
(7)ポジティブファクター2 目標を描く
   目標の力
   目標の設定方法
(8)ポジティブファクター3 決断し集中する
   目標への集中~選択的知覚効果~
   目標への集中~確信による暗示効果~
   決断する方法 ~映像化、感情化~
   集中する方法 ~ スイッチ技法 ~
   目標の映像化、感情化
(9)個人の自立編 まとめ
   潜在意識の力 ~自己予言成就